ランキングキュレーションメディア

【2019年上半期】炎上ニュースランキングTOP9【芸能人/Youtuber編】

2019年上半期(1月〜6月)に炎上した芸能人・Youtuberたちをご紹介。

特に目立った9つの事件をランキング形式でまとめました!

【炎上ニュースランキング第9位】カジサック氏、悪質なドッキリ動画で炎上

2019年2月、Youtuberであるカジサック氏(キングコング/梶原雄太)は、普段からカジサックチャンネルのカメラマンを務めるヤスタケ氏に対し、”コレクションしている数万円以上する大量のスニーカーをほぼ全部『スニッカーズ』に変える”というドッキリを実行して炎上。

ヤスタケ氏が本気で不快感を感じている姿に同情の声が広がり「これはキレていい」などのコメントが多数寄せられた。

後に自身のYoutubeチャンネルで緊急生配信を行い、ヤスタケ氏と視聴者に謝罪。配信中にカジサック氏はお詫びとしてヤスタケ氏にスニーカーをプレゼントをするも「これ既に持ってます…」と言われてしまい、納得いかなかったカジサック氏は「配信外で他の一緒に買いに行こ!」とし、笑いと共に炎上は収束。

【炎上ニュースランキング第8位】佐藤浩市、安倍首相を揶揄したとして炎上

2019年5月、俳優の佐藤浩市主演の映画『空母いぶき』について、雑誌インタビューで”安倍首相を揶揄した”として炎上。

この映画で”首相役”を演じた佐藤浩市氏が「最初は絶対やりたくないと思いました。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」といい、役作りについて「ストレスに弱く、すぐにおなかを下す設定にしてもらった」と舞台裏を明かしたインタビュー内容だった。

しかしこの佐藤浩市氏コメントに対し、ネット上では”第一次政権の頃の安倍首相が患った『潰瘍性大腸炎』を指したものではないか”との声が多数寄せられ、炎上へと発展。

この炎上に乗っかった作家・百田尚樹氏も「三流役者が、偉そうに!」とコメントすると、ラサール石井氏などの芸能人を含めた批判合戦が繰り広げられた。

【炎上ニュースランキング第7位】えむれな「犬引き取ったと嘘つく→実は70万円で購入」で炎上

2019年5月、Youtuberであるえむれなチャンネルの二人が「犬を引き取った」との報告動画を上げるも、SNSで一般人による暴露で『実は70万円で購入した犬』だと判明して炎上。

動画では、親戚の家でボストンテリアの赤ちゃんが産まれたが、そこでは飼いきれないため、「(M君の親に)飼手を探してるんだけど…飼えないかな」と相談が来たといい、M君本人がその犬を引き取ったという内容だった。

しかし、Twitterにて一般人が「その犬は原宿のペットファーストで飼おうか悩んでた子と一緒」と指摘した内容の暴露ツイートが拡散され、えむれなさん達に批判が集中。

えむれなさん達はこの指摘について動画で説明し、一部認め謝罪。

【炎上ニュースランキング第6位】ジョーブログ、渋谷スクランブル交差点での不適切な動画を撮影

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。